忍者ブログ
最近読んだ小説の印象に残った言葉
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |
『凄く・・・・・・もの凄く大事な相手になってたんだよ』
~丸三 「ともすぎ」より


吉五郎や麻之助、清十郎に対して
吉五郎にまつわる一騒動で丸三が張り切ったわけ
おかげで自身がエライ目に遭ったわけだけど、それもまた良しかな

拍手[0回]

PR
『それでも・・・・・・きっとおれは、書くのを止めないんだろうな』
~柳亭種彦 「明日が知れぬ世であれば」より


腹切りを免れて、一息ついての一言
山青堂曰く、戯作者はそんな変わり者ばかりとのこと
死をも恐れぬバカどもってことかな

拍手[0回]

『何か・・・・・・納得がいかないな。サーベルよりもアイスクリンが強いのか』
~長瀬健吾 「アイスクリン強し」より


新聞社にて、記事の元となった手紙を見せる見せないの応酬での一コマ
サーベルの脅しでは効かず、新作アイスクリンの独占記事に食いついた新聞社
いつの時代も脅迫よりも懐柔の方が良いってことだね

拍手[0回]

『きゅい、若だんな、いつ帰るの?』
『佐助さんは、何と?』
『若だんな、今のお名前は?』
『へっ?ああ、そうか。生まれ変わってるんなら、一太郎じゃないわけか』
『今、幾つなんだ?』
『ああ・・・・・・本当に会えるんだ』
~長崎商会の妖たち 「えどさがし」より


佐助から、若だんな(の生まれ変わり)が見つかったとの報せを聞いて
みんなすぐにでも飛び出していきそうな勢い
最後の一言は仁吉
若だんなは、ホントみんなに愛されてるね

拍手[0回]

『そりゃあな。部屋の中で火に包まれて、上から燃えた屋根が落ちてきたんだ。記憶はそこで途切れているが、あれじゃ助かるわけがない』
~日野正哉 「燃える」より


携帯の中から自分の死因を冷静に語る
この上のない証言だな
記憶が途切れているのが救い

拍手[0回]

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 6 8
9 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
カウンター
リンク
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ







コガネモチ
忍者アナライズ
Copyright ©  行動の前に・・・  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]