忍者ブログ
最近読んだ小説の印象に残った言葉
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |
『禿から新造、そして花魁になって、年季明けまで働く  遊女としての一生分を、我々で買い上げたい』
~摂津屋助五郎 「秋燕ー明日の唐汁」より


新造出し当日、支度をする楼主夫婦の座敷にて
摂津屋他二人による”あさひ”の半身請けの宣言
これが粋な江戸の豪商の金の使い方か

拍手[0回]

PR
『鐘の音がようやくやんだわい。人間には百八つも煩悩があるとは、まことにおぞましいものじゃ』
~孫市 「おけら火」より


粉雪舞う夜空を眺めながらのつぶやき
おけら詣りの警備の最中のひととき
改めて言われると、ゾッとするような数だね

拍手[0回]

『さっきもいっただろ。大事なことは本人の心がけだ。(中略)わしのような平凡な爺さんの回答に、人の人生を左右する力なんそあるわけがない。全くの取り越し苦労だった』
~浪矢雄治 「シビックで朝まで」より


早朝のナミヤ雑貨店にて、貴之に
一連のお礼の手紙を読み終えての感想
人生の決断の最後の一押し・・・十分に力になってるよね

拍手[0回]

『女の私が惚れるのです、男衆には堪りますまい』
~おきぬ 「薩摩」より


那覇津の湊の船着き場にて、大黒丸を見送る信之助に
惚れ惚れと眺める信之助に嫉妬も込めて?
男衆を虜にする船が女性に例えられるわけだね

拍手[0回]

『湯島天神は江戸の氏神様のようなものでございましょう。わたしめは、その床の下育ち。氏は別にして育ちは悪くはございますまい、手代さん』
~忠吉 「阮王謁見」より


総兵衛のお供をするにあたり、忠告する天松に
おこも育ちという地を出さないようにとの忠告に
まったく、忠吉には口では叶わないね

拍手[0回]

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 9 10 12
13 14 15 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
リンク
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ







コガネモチ
忍者アナライズ
Copyright ©  行動の前に・・・  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]