忍者ブログ
最近読んだ小説の印象に残った言葉
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |
『金いうもんは、ないところにはありまへんけど、あるところには、仰山あるもんどす。貧しいお人から金儲けはできしまへん。金が余っているところから、遠慮せんと儲けさせてもろうたら、よろしいどすがな』
~柊屋竹次郎 「危ない橋」より


藤兵衛との関係を尋問する大垣藩目付金沢に
竹次郎の商人としての心意気
それをいかに見つけるかも、腕次第


拍手[0回]

PR
『船はわしの物でも、わしだけの物でもありまへん。大坂の木津川口に祀られている船神さまの物なんどす。大切に乗って稼がせていただき、お礼をもうし上げ、船神さまにお返ししななりまへん』
~安土屋五郎蔵 「王権弔鐘」より


大湊湾に金毘羅丸を沈めたらいいという半兵衛の言葉に
北前船の船主の心得
こういう心意気がないと北前船での商いはできなんだろうね


拍手[0回]

『こきゃがれ、そんな卑しい細工までしてそばなんか食うたら、腹の虫が承知せえへんわい』
~浄寿 「天地蕭殺」より


店の男衆にそばのただ食いの疑いをかけられての反論
巾着を落としたか掏られたらしい
咄嗟によくこんな気のきいたセリフが出てくるもんだ


拍手[0回]

『あるにはあるものの、あまりに大仰すぎる。わしには奇特としかいいようがない』
~岩間三良 「見えない橋」より


浄願寺に寄進した主の心当たりを浄円に訊かれて
三良の無欲で正直な行いの結果
三良の方がよっぽど奇特だと思う


拍手[0回]

『佐七はんたちにわたしを殺す度胸はない。わたしはここからお暇する気持ちもない。さて、どういたしまひょうなあ』
~丁子屋宗兵衛 「隠居そば」より


たばこの煙を佐七に吹き付けてのつぶやき
佐七たちに誘拐されたはずの宗兵衛
役者が違いすぎる・・・


拍手[0回]

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 8 10 11 13
14 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
リンク
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ







コガネモチ
忍者アナライズ
Copyright ©  行動の前に・・・  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]