忍者ブログ
最近読んだ小説の印象に残った言葉
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |
『うちかて大黒党の里村甚内の血をうけた女子どすえ』
~お七 「鴉婆」より


平九郎の家にお勝を迎えに来て
里村家の敵ともいえる家に平然と乗り込んでくる二人の女子
これはこれで怖いね


拍手[0回]

PR
『お父はんは、人にはそれぞれ分があると、いつもいわはります。けど平蔵は、自分の分を十分にわきまえ、伊勢屋でしっかり奉公してきたさかい、神様からつぎの分を与えられたんとちがいますか。人間の分とはそれをいいますのえ』
~おきぬ 「これからの松」より


平蔵の古筆家での門人奉公に煮え切らない仁助に
仁助の迷いを吹っ切る一言
神様はちゃんと見てくれているってことだね

拍手[0回]

『お見事なお手配、油断禁物とはこのことでございましょうなあ』
~東庵 「夏の嵐」より


西正寺に踏み込んできた板倉に対して
一瞬で悟った敗北
ホッとしたのもあるのかもしれない


拍手[0回]

『唐津と美濃のやきものが、どうしてこうまで衰えてしまったのか、わかるものなら孫助どのからも教えていただきとうございます』
~平蔵 「唐津からの荷」より


唐津茶陶の目利きに異議を唱える孫助に
往年のものをなぞっているだけの唐津ものに美濃が重なって見えたか
出口が見えない自分自身の思いも込めて


拍手[0回]

『おお、まこともまこと。わしは当初からそのつもりでおった。あと数刻で蟄居が解けるともうすに、わざわざ禁を破り領内から退散いたすのは、人はばかだと考えるだろう。だがそこがわしの意地なのじゃ。』
~甘利新蔵 「夜寒の部屋」より


蟄居の最終日の朝食を運んできた孫助に対して
事前にいくつかの策をめぐらせてのこの行動
しかも甘利家にも罰がないであろうと見越した上でというのも憎らしい

/>

拍手[0回]

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6
7 8 10 11 13
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
リンク
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ







コガネモチ
忍者アナライズ
Copyright ©  行動の前に・・・  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]