忍者ブログ
最近読んだ小説の印象に残った言葉
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |
『源十郎、そなたは他人の家の釜の飯まで心配しているのか』
『へえ、心配してまっせ。これはいわば鯉屋の商いの延長どすさかい』
~田村菊太郎・鯉屋源十郎 「鬼面の女」より


砧屋の今後まで考える鯉屋の主
さすが鯉屋、アフターサービスもしっかりしている
菊太郎も付いてるし、安心だね

拍手[0回]

PR
『叔父さん、うちが悪い叔父さんの姪やと知れ、鍵屋との縁談が壊れてしもうたら、それはそれでよろしゅうおす。そんなことぐらいで破談になるものどしたら、ほかのことでも壊れまっしゃろ。これは難しい問題どすけど、逃げたかて解決しいしまへん。結局、事実をすべて認めるしかないと、うちは思えますえ』
~お伊奈 「雨月」より


叔父に対して自首を勧めるお伊奈
ほぼ決まっている自分の縁談さえも棒に振る覚悟
間違っちゃいないが、よくそこまで割り切れるなぁ

拍手[0回]

『こうでもせな、示しが付かへん。(中略)わしが大髻を切ったことは、あっちこっちでいい触らしてもかまへんで。それにてめえら、素人衆に下手な手出ししたりすると、次にはこれくらいではすまへんのやぞ。ええなあ、わかったか』
~坂田の五郎蔵 「師走駕籠」より

自ら大髻を切り落とした後、子分たちへ浴びせ付けた言葉
さすが、北野の五番町遊郭一帯をしきる親分だね。



拍手[0回]

『浅野内匠頭さまが江戸城の殿中で、吉良上野介さまに斬りかからはった。それを知らせに、江戸表から播州赤穂の国許へ向かった萱野三平さまは、きっとあんな勢いで馬を走らせたんどすやろ』
~馬子の清六 「羅刹の女」より


勢いよく駆け抜けていった早馬を喩えた一言
なかなか粋な喩えをしてる


拍手[0回]

『いまでも胸の中でときどき、まんまんちゃんあんと唱えてるんえ。・・・こう唱えると、なんやしっかり生きていこうという気になるねん』

~お千代 「まんまんちゃんあん」より
 
幼き少女の健気な一言
 
 

拍手[0回]

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 9 10 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
ブログ内検索
カウンター
リンク
フリーエリア
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ







コガネモチ
忍者アナライズ
Copyright ©  行動の前に・・・  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]